ZENの記事が今年も日系ベトナム週刊誌Vetterに掲載されました!

2018年5月16日号掲載分です。

昨年に続き、今年も掲載いただきました。












記事全文

==============================================
生のベトナム語に触れられる今は、習得に向けた絶好のチャンスといえる。ZEN日本語センターは約1年前、廣済堂HRベトナムの子会社になったことで、日系企業運営となった。ネイティブスピーカーから1対1で日本語によりベトナム語を習える一方、価格は日本よりはるかに安価な設定。サービスにも力を入れており、受講前の相談や、授業の日程変更をはじめとした連絡事項は、基本的に日本人が対応するなど、学習に集中できる環境を整えている。これにより以前は単語しか話せないレベルだったが、今は文章を組み立てて会話できるようになり、とても嬉しいという受講者も出ている。
5月下旬には、グループレッスンも開講する予定だ。ほぼ毎月開講しており、会話や文法など基礎を固める人気の「初級コース」、場面ごとによく使う表現を学ぶ短期修了の「インスタントコース」が、それぞれ開始。「初級コース」は夕方や休日に行うので、会社員でも通えるのがメリットだ。
さらに、初級者向けの英語クラスも開始した。部下への指示出しや文書が英語という企業も多く、ニーズが高まっている状況に応えた。
言語は「習うより慣れろ」。この春から、少しずつステップアップしてみてはいかがだろうか。
==============================================

今後とも、ZENをよろしくお願いいたします。