先祖崇拝

先祖崇拝は、200年以上前、ベトナムが中国の植民地だった頃から始まりました。それ以来、ベトナム人の考え方は儒教の教えに基づいています。 先祖崇拝は、信仰宗教とは関係ありません。ベトナムではほとんどの家や会社に祭壇があり、命日には必ずお参りをします。毎月1日と旧暦の15日には、お花と水、バナナなどをお供えします。お供えものは、地域によって異なります。



「ngày giỗ」と呼ばれる命日には、毎年、家族全員が集合します。この日は故人を思い出し宴会をしながら一日を過ごします。この宴会は離れて過ごす家族が再会し、共に幸せと悲しみを共有する家族のための時間です。
命日に集まることは義務であると考えられているので、参加できない人で罪悪感を抱く人は多くいます。
先祖崇拝は以下の信念に基づいています。 多くのベトナム人にとって死は終わりではありません。つまり、人間という形としては消失するが、魂は滅びないということです。そのため、多くのベトナム人は、先祖が地球上にまだ存在すると信じています。